埼玉県観光課 ちょこたび埼玉

  • 英語
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 韓国語
  • サイトマップ
  • お知らせ
<img src="img/head/head.jpg" width="950" height="100" title="埼玉県公式観光サイト ちょこたび埼玉" />
トップページ > 観光便利帳 > 埼玉県の主な観光地 > 主な観光地 -川越・日高- 
川越・所沢 西部地域

蔵造りの町並み (川越市)

川越には「蔵造りの町並み」が今も残っています。蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。今の東京では見ることのできない江戸の面影をとどめています。平成11年12月には国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、平成19年1月には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。
   
時の鐘(川越市)
時の鐘は、寛永年間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町に建てたものが最初と言われています。現在の鐘楼は、明治26年に起きた川越大火の翌年に再建されたもので、3層構造の塔で、高さ約16m。暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルです。現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)鐘を鳴らしています。
   
菓子屋横丁(川越市)
昔懐かしい駄菓子屋が軒を連ねる横丁です。昭和の初期には70余軒が連ね、多数の菓子を製造・卸していました。現在は約20軒がハッカ飴や金太郎飴、工夫を凝らした駄菓子類などを製造、販売しており、ノスタルジックな雰囲気で大人も子供も童心に帰って楽しめます。環境省の「かおり風景100選」に選定されています。

   
川越まつり会館(川越市)
実際に川越まつりで曳かれる本物の山車が2台展示されているほか、川越まつりに関する資料を展示しています。川越まつりの迫力ある雰囲気を年間を通していつでも体感することができます。また、展示ホールでは、定期的にお囃子の実演(約20分)も行われています。

   
蔵造り資料館(川越市)
蔵造り資料館は、明治26年(1893)の川越大火直後、類焼を免れた数軒の蔵造り建物や東京の日本橋界隈の商家を参考に、当時煙草卸商を営んでいた小山文造が建てたものです。川越の蔵造り家屋の意匠や構造、敷地内の様子を実見でき、今もなお息づく明治のたたずまいを体感頂けます。
   
川越氷川神社(川越市)
川越氷川神社の歴史はたいへん古く、古墳文化が伝えられた6世紀、欽明天皇の御代に武蔵一宮である大宮氷川神社を分祠したことに始まったといわれています。以後、太田道灌が川越城を築城して以来、当地の総社として崇敬され、「お氷川様」と呼ばれ親しまれてきました。
   
川越大師 喜多院(川越市)
1612年、徳川家康の信任を得る天海僧正が住職となってから大いに栄えました。1638年に川越大火によって喜多院のほとんどが焼失しましたが、3代将軍家光が江戸城から「家光誕生の間」「春日局化粧の間」が移築されています。また、全域が重要文化財に指定されています。日本三大羅漢の一つに数えられる「五百羅漢」があります。
 
川越市立博物館(川越市)
川越は関東地方の代表的な城下町で、歴史的・文化的な伝統に育まれて発展してきました。市内には土蔵づくりの店舗などに象徴されるように数多くの貴重な文化遺産が残っています。これらの資料を系統的に収集、保存、調査研究、公開することにより、郷土の歴史と文化に対する理解と認識を深める為の施設です。
   
川越城本丸御殿(川越市)
川越城は扇谷上杉持朝が古河公方足利成氏に対抗するため、長禄元年(1457)に家臣の太田道真・道灌父子に命じて築城したものです。江戸時代には江戸の北の守りとして重要視され、代々幕府の重臣が城主となっていました。現存する建物は嘉永元年(1848)に建てられたものです。

※保存修理のため、平成23年3月末まで休館予定です。
   
高麗聖天院(日高市)
高麗王若光の菩提寺(ぼだいじ)として建立されたもので、不動明王、聖天尊をまつっています。また、山門の右側には、当時最も進んでいた大陸文化をこの地に広めたと言われる一族の統率者若光の墓があります。
   

高麗神社(日高市)

716年、関東地方および周辺に住む高句麗人1,799人を現在の日高市とその周辺に移して、高麗郡としました。その際に民を導いた高麗王若光は朝廷より 王(こきし)の姓(かばね)を賜り、郡長となりました。若光は半島からの先進技術を広め、産業の発展を図りました。若光の没後、王の徳を偲んで郡民が創建 したのが高麗神社です。
   
高麗家住宅(日高市)

高麗神社の裏手にある入母屋造りの家で、代々神社の神職をつとめてきた若光の子孫の住居です。17世紀後半の建立と推定され、国の重要文化財に指定されています。
   
巾着田(日高市)
日高を代表する人気観光スポット「巾着田」は、市内の中央を流れる高麗川が蛇行し、上空から見ると巾着袋の形をしているところからその名で呼ばれています。日本有数の曼珠沙華群生地として知られており、秋の見頃の季節になると多くの観光客で賑わいます。
 
 
能仁寺(飯能市)
室町中期の文亀元年(1501)開創されました。広さ300坪をこえる池泉鑑賞蓬莱庭園は、築山、亀島、鶴島、石橋、洞窟などを備え、池は底部が全て20cm前後の玉石で固められるなど幾多の傑出した手法や造形を見せていることで桃山時代の作庭と推定され、日本名園百選に入っております。
 
 
 
 
 
 
 

越生梅林(越生町)

県指定名勝。樹齢300年を超す古木や20~30年の若木を含め、面積約2ヘクタールに1000本近い梅が植えられている。毎年2月中旬から3月中旬には梅まつりが催され、多くの観梅客で賑わう。

越生町観光協会 049-292-3121
   
黒山三滝(越生町)

黒山三滝は、男滝、女滝、天狗滝の3つの滝の総称です。日本観光百選にも選ばれた景勝地で、春の新緑、夏の清涼、秋の紅葉は格別です。室町時代に山岳宗教修験道の拠点として開かれ、広く信仰を集め、三滝を中心とする広い地域が県立黒山自然公園に指定されています。
   
吉見百穴(吉見町)

古墳時代後期の横穴古墳群です。広さ約3mの横穴が、凝灰岩の岩肌に 230ケ余りも掘られています。また、日中黄金色に輝くという極めて珍しいヒカリゴケが横穴に自生しています。
   
箭弓稲荷神社(東松山市)
和銅5(712)年創建と伝えられています。五穀豊穣、商売繁盛、芸道向上の神様として広く知られ、正月の初詣者数は県内でも有数です。江戸時代に建てられた本殿には見事な彫刻が施され、大絵馬も重要なものです。付棟札は県指定の文化財になっています。境内には大正12年に開園したぼたん園があります。
   
野火止用水(新座市)
承応4年(1655)、当時川越藩主であった松平信綱によって、武蔵野開発の一環として野火止台地開発のために開削された用水路です。玉川上水を多摩郡小川村から引水し、野火止大地を経て新河岸川にいたる、全長25キロにも及ぶ飲料水の確保を主目的とした生活用水です。
   
平林寺(新座市)

関東地方で名高い古刹の一つで、今から約600年前、岩槻に岩槻城主太田道真(道灌の父)が創建した。その後、江戸前期に川越城主、松平信綱・輝綱父子によって現在の新座市野火止の地に移されました。寺域一帯は、野火止塚や松平家の墓所などの文化財をはじめ、国指定天然記念物の雑木林など、武蔵野の面影を色濃く残しています。
 
彩の国ふれあい牧場(東秩父村)

東秩父村と皆野町にまたがる広さ352ヘクタールの県営秩父高原牧場の中にある牧場です。酪農や畜産についての展示体験室(モーモーハウス)・直売所・ヤギとふれあいもできる動物広場・乳牛や肉牛の放牧広場・展望広場・樹林に親しむ広場・多目的広場などがあります。モーモーハウスでは、バター・アイスクリームなどの乳製品手作り体験を土曜日・日曜日・祝日に実施しています。

   


   
   
   

▲ 上へ戻る

トップページ | 観光スポットを探す | イベントカレンダー | 物産・おみやげ | ホットな埼玉情報 | 宿泊情報 | 観光便利帳
サイトマップ | お知らせ | お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンクについて