埼玉県観光課 ちょこたび埼玉

  • 英語
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 韓国語
  • サイトマップ
  • お知らせ
<img src="img/head/head.jpg" width="950" height="100" title="埼玉県公式観光サイト ちょこたび埼玉" />
トップページ > 観光便利帳 > おすすめモデルコース > 鉄道と盆栽・植木のまちめぐり 
コース一覧に戻る
鉄道と盆栽・植木のまちめぐり
▼ ニューシャトル鉄道博物館駅すぐ
鉄道博物館
TEL:048-651-0088 さいたま市大宮区大成町3-47 
博物館は大きくヒストリーゾーンとラーニングゾーンに分かれています。ヒストリーゾーンでは実物の車両を展示の中心として、鉄道の技術史を分かりやすく解説しており、ラーニングゾーンでは実物の部品や模型などを使用して、鉄道の原理や仕組みなどを体験的に学習頂けます。その他にも体験型の施設が充実した県内でも屈指の観光スポットです。
▼ ニューシャトル鉄道博物館駅→JR大宮駅
大宮盆栽美術館
TEL:048-780-2091 さいたま市北区土呂町2-24-3
総合的な盆栽文化を発信する世界で初めての公立の「盆栽美術館」として、2010年3月28日に開館しました。盆栽を中心に、盆器、水石、絵画資料、歴史資料などを紹介することにより、さいたま市の伝統産業に指定されている盆栽の文化を、ひろく市の内外に発信しています。
▼ JR東北線土呂駅徒歩約5分
大宮盆栽村
TEL:048-663-3931(大宮盆栽協同組合・清香園) さいたま市北区盆栽町267
東武野田線とJR宇都宮線に囲まれた大宮公園北側一帯の総称を「大宮盆栽村」と呼び、関東でも有数の盆栽郷として知られ、『盆栽町』と言う町名も付けられています。戦前は30数軒の業者を数え、業者だけでなく盆栽村に住む人たちも盆栽を持って親しまれましたが、現在の盆栽町には5軒の盆栽園が点在しています。
▼ 東武野田線大宮公園駅→東武野田線岩槻駅から徒歩すぐ
東玉人形の博物館
TEL:048-756-1111 さいたま市本町3-2-32
東玉のコレクションより生まれた「人形の博物館」です。その収蔵品は多彩で、御所人形、雛人形、羽子板、五月人形、衣装人形やあやつり、からくり人形、さらには現代作家名匠の逸品から海外の人形までが展示されています。また、見学の出来る人形工房や和風小物の売店が併設されています。
▼ 東武野田線岩槻駅から徒歩約10分
お人形歴史館東久
TEL:048-757-3027 さいたま市岩槻区加倉1-7-1
昭和44年創業の、日本人形の製造卸と小売りのお店です。約1,000体を誇る岩槻元祖かみしも雛をはじめ、立雛、寛永雛、元禄雛、享保雛などの昔の人形や現代名工の作品、人形の製作過程や小道具なども展示されています。 また、和風小物の販売や予約制の体験コーナーも用意されています。
▼ 岩槻駅→JRさいたま新都心駅→徒歩すぐ
さいたま新都心
TEL:048-830-5655(埼玉県・新都心事業調整担当) さいたま市中央区新都心
2000年5月に街開きした埼玉県内でも屈指のビジネスエリアです。飲食店、商業施設やショッピングモール、イベントホールやイベントスペースが集積し、子供から大人まで楽しめるスポットで休日は多くの人で賑わっています。また、「さいたま新都心」駅前のけやき広場では、定期的に様々なイベントが開催されています。
▼ さいたま新都心駅→埼玉高速鉄道戸塚安行駅徒歩約25分
安行の植木(道の駅 川口あんぎょう)
TEL:048-296-4021 川口市安行領家844-2
川口市の伝統産業である「植木・花と造園」の特産農業の振興を図り、緑化産業の為の各種情報収集、発信基地として建設されました。施設内には川口緑化センター「樹里安(じゅりあん)」が併設され、鉢花の展示に加えて各種のイベントを実施しています。

▲ 上へ戻る

トップページ | 観光スポットを探す | イベントカレンダー | 物産・おみやげ | ホットな埼玉情報 | 宿泊情報 | 観光便利帳
サイトマップ | お知らせ | お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンクについて