芸TRADITIONAL CRAFT埼玉の伝統工芸を学ぶ
酒SAKE うまし酒の生まれる地、彩の国
食TRADITIONAL FOODS 埼玉の伝統食を味わう
工FOOD AND LIGHT-HEVAY INDUSTRY 埼玉の工業を発見する

人々の暮らしに根ざす 埼玉の伝統工芸

歴史、風土、経営資源などをベースに、地域に根ざした「地場産業」が数多く存在する埼玉県。小川和紙、秩父銘仙、岩槻人形、加須鯉のぼり、越谷だるまなど、伝統工芸品の世界も多彩なラインナップを誇ります。経営環境においては、海外、国内製品との競合や消費者の生活スタイルの変化など、厳しい側面もありますが、それぞれが特性、個性を活かしながら活路を求めて活躍。世界的な評価を受けるなど、明るい話題を聞く機会も徐々に増えているようです。中でも、比企郡・秩父郡で伝承、制作される「細川紙」は、平成26年、ユネスコの無形文化遺産代表一覧表にも記載され、世界に誇れる技術として広く認められました。