連続テレビ小説「つばさ」の舞台地 埼玉の観光情報

魅力あふれる埼玉へようこそ 埼玉県の公式観光サイトはこちら
TOP > 舞台地の紹介
ドラマの舞台地となった見どころを紹介します
小江戸川越ライン下りの長瀞サッカータウンさいたま

【ドラマの舞台・埼玉県】

連続テレビ小説第80作目『つばさ』の舞台は、初登場の埼玉県。
江戸の風情が今なお残る小江戸・川越を中心に物語が展開します。
ヒロインの実家・老舗和菓子屋「甘玉堂」があるのは、埼玉県の川越市。美しい蔵造りの町並みや、100年以上も人々に時刻を告げてきた時の鐘、華やかな山車が繰り出す川越まつり、駄菓子にさつまいも、うなぎ、などなど…古き良き時代の面影がそこかしこにある、まさに 小江戸と呼ぶにふわさしい趣のある町です。
さらに、川下りで有名な長瀞町(ながとろまち)も物語の舞台となって、バラエティー豊かな埼玉県の魅力を伝えていきます。
小江戸川越

「つばさ」の舞台となる川越。江戸との交流が深く、美しい蔵造りの町並みが残っていることから、「小江戸」とも呼ばれ、今の東京では見ることのできない江戸の面影をとどめています。皆さんも、ドラマの登場人物になりきって、小江戸川越の町並みを歩いてみませんか。15分では見きれない魅力があなたをお待ちしています。

コバトン(時の鐘)
川越のご当地グルメ ・川越の物産・おみやげ ・川越の周辺スポット
蔵造りの町並み
蔵造りの町並み
川越の土蔵造りの店舗は、いわゆる「蔵造り」として有名です。蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。
時の鐘
時の鐘
約400年前から、城下町に時を知らせてきた川越のシンボル。今も1日4回、午前6時、正午、午後3時、午後6時に蔵造りの町並みに鐘の音が響きます。環境省選定「残したい日本の音風景100選」にも選ばれました。
菓子屋横丁
菓子屋横丁
二十数軒の店舗が連なり、横丁が醸し出す雰囲気と飴や煎餅などの下町風の駄菓子は、ノスタルジーを求める多くの方に支持されています。ハッカ飴、焼き団子などのかおりが環境省選定「かおり風景100選」にも選ばれています。
川越まつり会館
川越まつり会館
実際に川越まつりで曳かれる本物の山車2台を展示するなど、まつりの迫力ある雰囲気を、年間を通していつでも体感することができます。
蔵造り資料館
蔵造り資料館
蔵造り資料館は、煙草卸商を営んでいた商家をそのまま資料館として整備したものです。蔵造りの構造をはじめ、敷地内の各蔵の配置を見ることができます。
氷川神社
氷川神社
川越総鎮守・氷川神社。嘉永3年(1850)に建てられた本殿は、川越まつりの山車の人形を主題にした彫刻がほどこされています。川越まつりは、同神社の神幸祭が起源とされています。
喜多院
喜多院
五百羅漢や正月3日のダルマ市で広く知られ、江戸城の遺構である家光公誕生の間や春日局化粧の間が移築されています。境内には多くの文化財や史跡があり、参拝客で賑わっています。
川越市立博物館・美術館
川越市立博物館美術館
川越城二の丸跡に建てられた博物館・美術館は、ともに蔵造りをイメージした外観です。博物館には蔵造りの町並みを実物大で復元した展示があります。美術館では、郷土ゆかりの作家・作品などを中心に展示を行っています。
川越城本丸御殿
川越城本丸御殿
扇谷上杉持朝の命で大田道真、道灌父子が1457年に築城した川越城。現存する本丸御殿の玄関部分は、1848年に建造されたものです。 ※保存修理工事のため、平成23年3月(予定)まで休館
伊佐沼
伊佐沼
川越市東部にある自然沼で、春の桜、初夏の蓮の花、夏の花火大会、冬にかけての渡り鳥と季節ごとに様々な顔を見せてくれます。
伊佐沼には、農産物直売所や公園が隣接し、家族連れで賑わっています。
川越 ご当地グルメ紹介
焼き団子
焼き団子
お店秘伝の醤油で焼いています。香ばしい香りが鼻をくすぐります。
いも加工品
いも加工品
菓子屋横丁などを散策しながら、芋まんじゅう、芋ソフトクリーム、芋ドーナツなどを楽しめます。
太麺焼きそば
太麺焼きそば
太麺でシンプルな昔ながらの焼きそばが懐かしい味です。川越のB級グルメとして注目を集めています。
うなぎ
うなぎ
歴史あるうなぎ屋が多数あり、それぞれのお店で秘伝のタレを使用し、伝統の味を守っています。
芋料理
芋料理
芋懐石をはじめ、芋そば、うどんなどレパートリーは豊富です。
川越 物産・おみやげ
いも菓子
いも菓子
多くの芋加工品がありますが、定番はいもせんべい、いも松葉でしょう!
あめ、菓子
あめ、菓子
菓子屋横丁には、昔なつかしいあめや駄菓子がたくさんあります。
地ビール
地ビール
2007年モンドセレクション受賞したCOEDOビール。飲み口もまろやかです。
和菓子
和菓子
江戸時代からの老舗和菓子屋もあり今も昔の味を伝えています。もちろん芋を材料とした和菓子も多くあります。
川越唐桟
川越唐桟
木綿でありながら、絹そっくりの風合いを持っています。その粋な縞と手頃な値段が受けています。
川越 周辺観光スポットのご紹介
巾着田(日高市)
巾着田(きんちゃくだ)
(日高市)
埼玉を代表する花の観光スポット。高麗川が蛇行し、上空から見ると巾着袋の形をしているところが名前の由来。毎年9月の彼岸頃になると、一面が真紅の曼珠沙華で被われます。春の菜の花も見応えがあります。
東松山ぼたん園(東松山市)
東松山ぼたん園
(東松山市)
3万uのなだらかな丘陵に、約300種・5800株が植えられている関東有数のぼたん園です。見頃は4月下旬〜5月上旬で、赤・白・ピンク・紫の花のほかに珍しい黄色の花も見ることができます。
所沢航空記念公園(所沢市)
所沢航空記念公園
(所沢市)
日本航空発祥の地・所沢で、飛行場跡地を活用して整備された広大な公園。所沢航空発祥記念館は、実機の展示もあり、シミュレータなどの体験もできます。ご家族で大空への夢を体験してみてはいかが?
吉見百穴(吉見町)
吉見百穴
(吉見町)
凝灰岩の丘陵斜面につくられた古墳時代後期の横穴墓群で、現在219基の横穴が確認されています。国指定天然記念物のヒカリゴケは必見です。
埼玉伝統工芸会館(小川町)
埼玉伝統工芸会館
(小川町)
館内の常設展示室では、県指定の伝統的手工芸品が見学できます。また、体験可能な和紙実演室の他、ギャラリー、物産館があります。「麺工房かたくり」の手打ちうどん・そばは評判の味。
長瀞ライン下り

長瀞町は、荒川中流域に位置する景勝地。国指定名勝・天然記念物「長瀞」の岩畳を中心に、古く大正時代から知られる関東でも有数の観光地です。
船下り、ラフティング、カヌーなどのアウトドア体験。また長瀞の桜は「日本桜の名所100選」に選ばれるほど見事で、1月のロウバイに始まり、梅、桜、ハナビシソウ、渓谷を彩る紅葉、灯篭流しや花火大会が行われる船玉まつり、と一年を通じて四季折々の長瀞が楽しめます。

長瀞のご当地グルメ ・長瀞の体験スポット ・長瀞の観光スポット
コバトン(ライン下り)
長瀞「岩畳」
長瀞「岩畳」
国指定名勝・天然記念物「長瀞」の中心にある「岩畳」は、結晶片岩が隆起してできたといわれ、この付近では荒川の流れもおだやかになります。ここは地質学的にも貴重な場所で、「日本地質学発祥の地」といわれています。
ライン下り
ライン下り
長瀞の渓谷を水面から満喫できます。水しぶきが上がる急流あり、絶景ありの船旅。船頭さんのユニークな案内も楽しいと評判です。
北桜通り
北桜通り(桜のトンネル)
日本桜の名所100選の地に選ばれた長瀞の桜。中でも南・北桜通りは道路の両側に桜が植えられ、桜のトンネルをとなります。車でも、歩いても散策できます。
野土山
野土山
31種類約500本の八重桜が4月下旬まで楽しめます。4月中旬から下旬までライトアップもされ、関東地方で最後に見られる桜です。
ハナビシソウ
ハナビシソウ
宝登山参道の途中にある花の里、5月上旬より6月中旬まで、約1万uの丘にハナビシソウが可憐な花を咲かせます。
SL(鉄橋とSL)
SL(鉄橋とSL)
秩父鉄道熊谷駅から三峰口駅間を、SLパレオエクスプレスが走ります。C58型として、現役で走る日本でただ1台のSLです。
船玉まつり(万灯船と花火)
船玉まつり(万灯船と花火)
岩畳周辺で、船下りの船頭が水上安全と水難供養を祈願し、水神様をお祭したのがその始まりで、灯篭流しや万灯船の運行、夜空を彩る花火が水面に写り幻想的です。
旧新井家住宅
旧新井家住宅
国指定重要文化財「旧新井家住宅」は江戸時代の代表的な養蚕農家です。特徴のある屋根は、細長い栗板を重ね、石で押さえた「板葺石置屋根」で、秩父地方で多く見られたものです。現在はこの旧新井家住宅だけに残されています。
宝登山(ほどさん)神社
宝登山(ほどさん)神社
秩父三社の一つで、宝の山に登るという縁起の良い語呂から、多くの参拝者が訪れています。
紅葉(月の石もみじ公園)
紅葉(月の石もみじ公園)
紅葉で有名な長瀞、中でも月の石もみじ公園では、11月中旬から下旬まで紅葉ライトアップを行い、魅惑的な雰囲気を漂わせています。
県立自然の博物館
県立自然の博物館
埼玉県の自然史を体系的に学習できる博物館。貴重な岩石・化石資料や太古の巨大ザメ、1500万年前の海獣パレオパラドキシアなど珍しい展示物も豊富です。
秋の七草寺めぐり)
秋の七草寺めぐり
万葉集にある山上憶良の歌にも「秋の野の花を指折りかき数ふれば七草の花。 萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」と読まれています。  さわやかな秋風に吹かれながら寺巡りはいかがですか。
長瀞 ご当地グルメ紹介
そば
そば
秩父地域の山間で育ったそばを使い、昔から伝承された食文化で、お店によりさまざまな工夫をしています。
鮎料理
鮎料理
秩父連山の清流で育った渓流魚の味をお楽しみください。夏に旬を迎える川魚の代表格で、塩焼き、鮎飯などが人気です。
おっきりこみ
おっきりこみ
打ち立てのうどんと新鮮野菜をじっくり煮込む、秩父の農家の夕食の定番料理でした。特に冬には体が温まります。
手作りまんじゅう
手作りまんじゅう
秩父地域の粉文化食、おふくろの味、田舎まんじゅう。お店により特徴があります。蒸かしたてが最高。気軽なお土産としてもおすすめです。
手作り豆菓子
手作り豆菓子
厳選した素材をじっくり、丹念に煮詰め、おいしく仕上げています。甘納豆も人気です。
長瀞 体験
ライン下り
ライン下り
長瀞観光の定番、変化にとんだ流れに身を任せ、スリルと迫力、長瀞の渓谷美を存分に堪能してみませんか。
ラフティング
ラフティング
楽しさとスリルを満喫し、エキサイティングに漕ぎ下る爽快なラフティング。各種ツアーも充実しています。
カヌー
カヌー
長瀞は、カヌーやカヤックを楽しんでいる人がたくさんいる人気のスポットです。誰でも気軽に体験できるよう、各種スクールも充実しています。
長瀞 周辺観光スポットのご紹介
埼玉県立川の博物館(寄居町)
埼玉県立川の博物館
(寄居町)
大人から子供まで楽しめる、荒川を中心とした川と水と人々のくらしをテーマとした参加体験型の博物館です。
城峯公園の冬桜(神川町)
城峯公園の冬桜
(神川町)
城峯公園は紅葉の時期に開花する「冬桜」が有名です。紅葉とのコントラストは見事!公園からは下久保ダムを見下ろすことができ、絶景を楽しめます。
羊山公園の芝桜(秩父市)
羊山公園の芝桜
(秩父市)
花のじゅうたんを敷き詰めたように咲き乱れる芝桜は、ゴールデンウィークを中心に多くの観光客で賑わいます。秩父のシンボルである武甲山を背景にした風景は見事。
秩父ミューズパーク(秩父市・小鹿野町)
秩父ミューズパーク
(秩父市・小鹿野町)
音楽堂・ステージのほか、スポーツ施設、宿泊施設(コテージ)があります。秩父市で生まれた卒業式の定番ソング「旅立ちの日に」の記念モニュメントにも多くの人が訪れます。
彩の国ふれあい牧場(東秩父村)
彩の国ふれあい牧場
(東秩父村)
畜産や牛乳について学べる施設があり、ヤギとのふれあいも楽しめます。5月中旬〜6月上旬には、ポピー約1千万本が咲き誇り、広大な青空と鮮やかなコントラストが見事!
サッカーのまち

古くは中山道の宿場町として栄え、現在は東北・上越新幹線など鉄道各線が乗り入れる交通の要衝となっています。平成15年に全国13番目の政令指定都市となり、旧岩槻市との合併を経て、地域毎に味わいの違う見どころを楽しめます。
また、2つのJ1リーグチーム「浦和レッズ」と「大宮アルディージャ」のホームタウンであり、日本屈指のサッカーが盛んなまちとしても有名です。

さいたま市のご当地グルメ ・さいたま市の物産・おみやげ ・さいたま市の周辺スポット
コバトン(埼玉スタジアム2002)
鉄道博物館
鉄道博物館
日本の鉄道技術の変遷が楽しく学べます。実物車両を当時の情景を再現して展示しているほか、日本最大の鉄道ジオラマ、日本初の「D51」運転台のシミュレータなど、魅力溢れるコーナーがいっぱいです。
大宮盆栽村
大宮盆栽村
関東大震災で被災した東京の植木職人や盆栽師が集団で移住し、大正14年に誕生しました。 以来盆栽文化の中心地として、海外からも多くの愛好家が訪れています。団体の場合は事前に各園にご連絡ください。
武蔵一宮氷川神社
武蔵一宮氷川神社
2000年以上の歴史をもち、大いなる宮居として大宮の地名の由来にもなった古社。武蔵一宮として関東一円の信仰を集め、初詣には多くの参拝客で賑わいます。5月には境内で恒例行事の大宮薪能が開催されます
大宮公園
大宮公園
名物の1200本もの桜をはじめ、新緑や紅葉など四季折々の変化が楽しめます。硬式野球場などのスポーツ施設や小動物園などもあり、県内で最も利用の多い県営公園として親しまれています。
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
「埼玉における人々のくらしと文化」をテーマにした歴史系の総合博物館。「見る、触れる、学ぶ」をキャッチフレーズに、様々な工夫がなされ、館内を歩けばそのまま埼玉の歴史を学ぶことができます。
さいたま新都心
さいたま新都心
さいたま新都心駅西側には、「さいたまスーパーアリーナ」、「ジョン・レノン・ミュージアム」があり、「けやきひろば」のイルミネーションも人気。駅東側のショッピングセンターも注目スポットです。
ジョン・レノン・ミュージアム
ジョン・レノン・ミュージアム
ジョン・レノンの生誕60年の節目に誕生したミュージアム。館内を9ゾーンに分け、写真や映像、音楽を駆使し、愛用の楽器や作詞原稿など夫人秘蔵の遺品約130点を展示。ショップも併設されています。
東玉人形の博物館
東玉人形の博物館
収蔵品は多彩で、御所人形、雛人形、羽子板、五月人形、更に現代作家の逸品から海外の人形までが展示されています。見学可能な人形工房や和風小物の売店が併設されており、人形のまち・岩槻の魅力が実感できます。
お人形歴史館東久
お人形歴史館東久
1,000体を誇る岩槻元祖かみしも雛をはじめ、立雛、寛永雛、元禄雛、享保雛などの昔の人形や現代名工の作品、 人形の製作過程や小道具なども展示されています。和風小物の販売や予約制の体験コーナーもあります。
埼玉スタジアム2002
埼玉スタジアム2002
国内最大・アジアでも最大級のサッカー専用スタジアム。Jリーグ・浦和レッズの本拠地として熱い戦いが繰り広げられ、日本代表の試合も行われます。選手のロッカールームやベンチなどバックヤードを見学できるツアーも人気です。
さいたま ご当地グルメ紹介
浦和のうなぎ
浦和のうなぎ
中山道の宿場町で旅人にふるまったのが始まりと言われています。現在でも約30店舗が二百年来の伝統の味をしっかりと受け継いでいます。
豆腐ラーメン
豆腐ラーメン
岩槻区にある飲食店の賄い料理から生まれた「究極の癒し系ラーメン」。醤油ベースのヘルシーな味が特徴。「第2回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で優勝した味は本物。
岩槻ねぎの塩焼きそば
岩槻ねぎの塩焼きそば
岩槻ねぎの塩焼きそば江戸時代から愛されてきた甘く柔らかい伝統の「岩槻ねぎ」を美味しく食すために考案された塩味の焼きそばです。普段はワキ役の「ねぎ」が主役のまさにB級新グルメ!
さいたま 物産・おみやげ
白鷺宝
白鷺宝
口どけの良い上品な甘さが人気の「白鷺宝」。他にも、白鷺宝の中に塩昆布の入った「よろこぶ」・こし餡の「玉しずく」など豊富なラインナップが魅力。
石炭あられ
石炭あられ
鉄道博物館内のショップで売られている人気商品。醤油ベースで食用竹炭・青のり・食塩などを使用したあっさり味。見た目の黒さと味のギャップが楽しめます。
かやの木ロール
かやの木ロール
卵黄を贅沢に使ったバタークリームにラムレーズンとクルミをココアケーキとシュー生地で包みました。さいたま市にある国指定記念物「大かやの木」をモチーフにしています。
テーベール
テーベール
抹茶の香りがいっぱいに広がる、口どけの良い、しっとりとした焼き菓子です。コーヒー、紅茶、日本茶に良く合います。お子様からご年配の方まで、幅広い層の方におすすめです。
氷川の杜サブレ
氷川の杜サブレ
狭山抹茶「明松」を使用したサブレです。大宮氷川神社の薪能に因み、扇の形をしています。あえて包装をしない黒い箱のパッケージにもセンスの良さを感じさせます。
酒井の奈良漬
酒井の奈良漬
明治元年創業、酒井甚四郎商店の奈良漬は造り酒屋から直接仕入れた吟醸粕をブレンドし、手作業でていねいに漬けこまれた自然発酵食品です。コクとまろみがあり、歯ざわりの良さも抜群です。
岩槻城下町名物 牛肉しぐれ煮
岩槻城下町名物 牛肉しぐれ煮
この道一筋のベテランシェフが国産牛ヒレ肉を使用し無添加・無着色の商品を手づくりで仕上げました。少量限定生産ながら、味には絶対の自信があります。
狭山茶「中山道宿場銘茶 大宮宿・浦和宿」
狭山茶「中山道宿場銘茶 大宮宿・浦和宿」
狭山茶の一服からゆるやかな時の流れを感じ取られるように思いを込めて製造しました。渋みが少なく口あたりの良い飲み口が特徴のお茶です。
さいたま観光エコ・タンブラー
さいたま観光エコ・タンブラー
環境に配慮したエコロジーな発想から生まれた「エコ・タンブラー」。市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」とさいたま観光大使「浦和うなこちゃん」の2種類のバージョンを用意しました。
さいたま 周辺観光スポットのご紹介
戸田公園(戸田市)
戸田公園
(戸田市)
日本最大規模の人工静水コースを備えた戸田漕艇場を整備してできた戸田公園。夏には、荒川を隔てて向かい合う東京都板橋区と同時開催される戸田橋花火大会が行われます。
町制施行記念公園(伊奈町)
町制施行記念公園
(伊奈町)
昭和48年に開園した伊奈町町制施行記念公園には、県内最大級のバラ園があります。5月になると約300種4,500株以上のバラが咲き誇り、園内を彩ります。
草加せんべい(草加市)
草加せんべい
(草加市)
江戸時代から日光街道の名物だった「草加せんべい」は、現在も市内の60軒近くの店で作られています。おみやげはもちろん、店頭での作業風景を見たり、手焼き体験もできます。
SKIPシティ(川口市)
SKIPシティ
(川口市)
大人から子どもまで楽しめる参加体験型の施設がいっぱいのSKIPシティ。映像体験ミュージアムでは、映像の歴史や映画制作プロセスを学べるほか、実際に映像制作を体験できます。
べに花ふるさと館(桶川市)
べに花ふるさと館
(桶川市)
明治30年代に建てられた旧家を再生させた施設です。うどん打ちや紅花染めなどが体験できます。江戸時代には紅花で全国に知られた桶川市の歴史を体感できる施設です。